若手へおすすめのビジネス本書評BLOG

自分が読んだ本を記録するがてら、みなさんに共有できたらうれしいと思い、始めてみました! コーチングやマネジメント、戦略や企業経営などを中心に読んでいるので,その辺りを紹介しつつ、箸休め的な本も紹介できればと思います。

ダークサイドスキル

はじめまして。

 

本日よりビジネス書の書評を中心とした、

本を紹介するブログを始めます!

 

自身がインターネット広告代理店で部長職を務めていることもあり、

本も好きでたくさんインプットするのですが、

アウトプットする機会があまりなく、、、

 

拙い文で恐縮ですが、お付き合いいただき、

少しでも興味をもって頂けたら嬉しいなと、、、

 

 

初回の今回は、

 

「ダークサイドスキル / 木村尚敬 著」

 

f:id:s2fromness:20180508191837j:plain

 

 

タイトルは一見どぎつい感じですが、

決して「スターウォーズ」の話ではなく。。。

 

これからを生き抜くリーダーには表を行くブライトスキルと
きれいごとでは語れないダークサイドスキルの両面が必要となってくる。

ダークサイドスキルは泥臭く、他人に影響を与え、組織を動かすためのスキルのこと。
現場に立つミドルリーダーとして、トップにどのように情報を伝え、
業務実態に即した意思決定を引き出すか。


逆に部下から適切な情報を引き出せるような、信頼される中間管理職となるには
どうしたらいいのか。


たとえば、飲み会やランチを重ねることで、組織図とは別の社内での人間関係を作るなど、実践的な知恵が多々盛り込まれている。


きれいごとだけでは難しいことはたくさんある。
それは実際に私がこの役職を与えられ組織を引っ張る立場でもそうだと思う。

でも要は使い分け。

なくしちゃいけないのは情熱と信念。
これにつきると思います。

 

本書には対談も含まれており、良品計画を立て直した、

松井忠三氏と著者木村さんの対談もありました。

 

茨の道を茨を払いながら前に進むには、

きれいごとだけでは進めないんですね。

 

 

ご購入はこちらから!

 

Cheers